「開発学留学で途上国援助を仕事に!」

このページは開発学留学を目指す方々のための情報発信を目的に作りました。 少しでも情報収集の助けになれば、嬉しいです。
 
 
カテゴリ
リンク
参考図書
ブログ内検索
広告
最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5-3. 日本の援助基本の”き” 

 簡単に日本が実施している政府開発援助(ODA)の概要を示します。
 なお、情報は2007年の実績からまとめましたが、詳細は外務省のサイトをご覧ください。
外務省ODA情報ページ

 まず、ODA合計が9127億円(2007年)なので、国民1人あたり7600円程度の費用となります。
 教育や保険制度への費用に比べると、随分小さい値ですが、最近見た雑誌の記事だと、不景気の間はODA規模は縮小した方が良いという意見が多い様です。
 海外との関係性維持は非常に重要なのですが、一般的な生活では関係性が見えづらいので、こういう結果になっているのでしょう…。

 次に、使途の割合は以下で、大きく2国間援助と国際機関への出資の2種類に分かれます。

  ODA合計 9127億円
1.2国間援助 6880億円(75%)
  1).無償資金援助 4024億円(44%)
  2).技術協力 3098億円(34%)
  3).有償資金援助 -242億円(-3%)
2.国際機関への出資 2247億円(25%)

 約1/4が国際機関への出資で使われ、それ以外が直接2国間でやりとりされています。
 この3/4の使い道は、外務省やJICAの意向で決められるため、当然どう国益に結び付けるかという考えも入ってきます。

 有償資金援助がマイナスなのは、海外から返済されている分と相殺しているためです。新規の出資額より返済額が多いということですね。

 以下、簡単にそれぞれの特徴を書いてみます。

無償資金援助とは…
 人間の基本的生活(Basic Human Needs)に必要となる、各種インフラ、たとえば水道、水道、医療、教育、環境などの整備事業は、通常途上国に帰さなくても良いお金(無償資金)で与えられます。
 途上国政府はこのお金を使って、日本のコンサルタントや商社、建設業者にお金を支払います。この、日本企業のみにお金を使えると規定されているため、タイド(Tied)援助と呼ばれます。

技術協力とは…
 一般的に日本からの専門家や協力隊、ボランティアを途上国へ派遣されること、また逆に、途上国の方が日本で教育する機会を与える援助となります。

有償資金援助とは…
 途上国に低利資金での貸付を行う業務であり、その使途は道路、橋梁、下水道等のインフラ整備が主になります。無償資金と異なり、その資金で雇うコンサルタントや業者はアンタイド方式(Untied)で、どの国の会社でもかまいません。
 最近はアジアからの返金が多く、収入収支がほぼ同額の様です。

コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://developstudy.blog13.fc2.com/tb.php/32-cc1b6e99
カウンター
プロフィール

trans

Author:trans
30代前半。男。
ODA開発コンサルタント会社勤務。
2008年英国マンチェスター大学院に開発学で留学。
旅行が趣味で訪問国数60カ国程度。

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。